レイクと新生フィナンシャルの事業内容について

レイクの実質金利・限度額などの概要

レイクの利息は年率4.5%~18.0%で、大手カードローン会社のなかでは一般的な利率で、限度額に関しては審査結果や申込み時に希望した利用限度額の関係により異なりますが、最大限度額としては500万円となります。

レイク最大の特徴である無利息期間

レイクでは初回の契約に限り「一定期間無利息」の特典があります。この「一定期間無利息」は、プロミスなど大手他社でも展開されている特典ですが、レイクの特徴は2種類から選べる点です。一つ目は、30日間無利息で、初回の借り入れから30日間は無利息で借入が可能というものです。もう一つが、「5万円までなら180日間無利息」という内容で、これは、約6か月間もの間、無利息で借入れが可能であることを意味します。

冠婚葬祭などの出費で5万円ほど知人や友人に借金をした場合、人間関係へのリスクもさることながら、後日お礼をすることなど総合的に鑑みると、5万円を180日もの期間、無利息で借りられる特典というのは非常に魅力的であるといえます。

来店不要で借り入れができる即日振込

家にいながらどこへ行くこともなく借り入れがしたいというニーズに合せて存在するのがカードローン即日融資サービスです。ただし当日中に振込みをしてもらうには、平日の14時までに契約と振込み依頼手続きを終了していることが条件となります。レイクはその他にも、Web自動引落としサービスという返済忘れを防ぐことができる魅力的なサービスもあります。もちろん、自動引落としが嫌だという人は、返済日をメールでお知らせしてくれるという便利な「メールお知らせサービス」もあります。

レイクへの申込み方法

インターネット時代となりキャッシングの申込み方法も進化しました。キャッシング全盛期であった1990年代では、店頭での申込みが主流で、アコムの「むじんくん」で有名な無人契約機も登場したばかりでした。同じくレイクも店頭申込みや自動契約機での申し込みがメインだった当時から、現在の新生フィナンシャル株式会社の代表取締役社長である杉江氏がトップに就任してからは、全ての店舗を閉鎖し、レイクの店頭従業員はコールセンターに集約されました。

そして現在のレイク申込方法は、パソコンやスマホなどのインターネット、スマートフォンアプリ、携帯電話、自動契約機、電話、郵送など、ありとあらゆる申込方法が用意されています。なかでも特徴的なのが、スマートフォンアプリで、現在のスマホ時代を象徴しているといえます。

パソコン・スマートフォンアプリでの申し込み

現在もっとも多く利用されている申込方法がこれです。24時間家にいながら外出することなく申込みが可能です。レイクの公式サイト(またはアプリ)から申込みフォームへアクセスし、必要な情報を入力して送信します。時間内であればすぐに審査結果のお知らせがメールで届きます。審査結果のお知らせ時間通常時間は、8:00~21:50の間で、毎月第3日曜日に限り、8:00~19:00となっており、年末年始は除きます。

また、審査結果のお知らせ時間外であったとしても、審査結果は翌営業日に届くことになっています。審査に通過した後は、契約が必要になり、契約が完了すると借り入れが可能となります。レイクの契約方法は2種類あり、自動契約機でカード発行する方法と、webで手続きし振込みをしてもらう方法です。この場合、本人確認書類として運転免許証や契約書などの必要書類をメールやアプリで提出します。

自動契約機で契約をする場合は、近くのレイク無人機へ出向き、ガイダンスに従って契約書類に必要事項を記入していき、その場で発行されたカードを使用して併設のレイクATMで借入れができます。

携帯電話による申込み

携帯電話での申し込みには、「オンライン審査」「オペレーター審査」の2種類があります。違いとしては、申込み必要な情報をどこまで事前に入力して送信するかの違いだけです。「オペレーター審査」は前者に比べて入力項目が9項目のみと非常に少なく、その分の情報を補完するためにオペレーターからの電話にて回答していく方法です。これに対して「オンライン審査」は、審査に必要な情報を全て携帯電話の申込みフォームへ入力するという方法で、なるべく会話をしたくないという人に向いています。

レイクの自動契約機による申込み

キャッシング業界では90年代から主流となっている申込み方法で、多くの場合は国道沿いに設置してある無人契約機コーナーに入り、申込みから契約、カード発行及び借入までを一か所で行える点が特徴です。ネット上でみかける、申込みから借入まで最短50分との目安時間がありますが、必要な手続きの量から考えると、実際にかかる時間の平均はそれを上回ることが予想されます。

スマートフォンやパソコンなどのインターネットの操作に慣れた人であれば、事前にネットで審査を済ませておいた方が、審査に必要な情報を記入する手間が省かれる分、自動契約機に滞在する時間は短縮できるといえます。もちろん、自動契約機の操作は機械操作に慣れていない人でも簡単に操作が可能となっており、操作に戸惑う可能性は低く、不明点やトラブルの際などは目の前に設置してあるインターホンでオペレーターに直接問い合わせることが可能で自動契約機を初めて利用する人に配慮された仕組みになっています。

電話や郵送による申込み

最近ではあまり利用することが少ないと思われる申込み方法ですが、電話や郵送による申込み方法も用意されています。自動契約機が近くに無い地域に住む人や、ネット操作が苦手な人にとっては需要があります。レイク及び新生フィナンシャル株式会社では、杉江社長の方針により、コールセンターの対応力が強化されており、いわゆる「サラ金のコールセンターは冷たい」というような従来のイメージはありません。

レイク公式アプリの中身

レイクが提供している公式アプリは申込みだけにし使用する機会がないと思われがちですが、新規の申込み以外にも、借入後の会員サポートまでカバーしていることはあまり知られていません。従来の会員ページへのログインは、インターネットでレイクのサイトへアクセスし、ログイン情報を入力する手間がありましたが、会員ページへのログインのほか、各種レイクのサービス画面へ簡単にアクセスできる仕様となっています。借入診断や返済日お知らせメールの設定、契約時に必要な書類提出も、このアプリで完結することができます。

借入金の返済について

レイクの返済法式は「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」の2種類があります。残高スライドリボルビング方式は、残高に応じて最低返済額を変動させて返済していく方式で、新規借入時と返済時に、その最低返済額が設定されます。例えば、借入残高が1万円~10万円の場合は最低返済額は3,000円、借入残高が50万円超~60万円の場合は最低返済額が15,000円とった具合です。効率的に返済することが可能で、完済までの期間が短くなる傾向にあります。これに対して、元利定額リボルビング方式は、残高に関係なく毎月決まった金額を返済していく方法で、「残高スライドリボルビング方式」とちがい、完済が遅くなる傾向にあります。

レイクの他にもある新生銀行の事業内容

新生銀行は、カードローンのレイクが主力商品であることは確かですが、普通銀行としての業務も行っています。例えば、普通預金や投資信託、外貨預金をはじめ、預金保険の対象となり満期まで待てば元本が保証される「仕組預金」や、Tポイントが貯まる投資信託のほか、申込み手数料0円のNISAや、保険なども取り扱っています。ローン商品に関しても、カードローンレイクのほか、住宅ローンやクレジットカードも取り扱っています。

新生アプラスゴールドカード/新生アプラスカード

新生銀行グループではレイクカードローンのほか「新生アプラスゴールドカード/新生アプラスカード」というクレジットカードも存在し、この商品は株式会社アプラスが発行します。新生アプラスゴールドカードについては、年会費は初年度無料で、次年度以降は5,000円+消費税がかかります。(本人会員の場合。※家族会員の場合は一人につき1,000円プラス消費税)また、入会資格は(原則)満20歳以上で電話連絡可能な方で、学生は申込み不可です。

また、新生ステップアッププログラム「新生ゴールド」により、外貨振替サービスの手数料が安くなるなどの優遇サービスを受けることが可能となります。もちろんクレジットカードの特典として、各種マイルやポイントへの交換も可能なことはもちろん、指定した店舗でのコース料理が1名分無料となる特典もあります。ほかにも、最高5,000万円までの海外旅行損害保険や、年間保険限度額最高300万円までのショッピング保険も特典として付いています。
※JCB、Visa、MasterCardから選択できます。

パワースマート住宅ローン

保証料が無料で初期費用が安く抑えられることで人気の住宅ローンも提供しています。繰上返済手数料0円なので状況に応じて、いつでも気軽に返済が可能で、住宅ローンの借り換え先として人気です。

新生フィナンシャル株式会社の代表取締役である杉江陸氏について

カードローンレイク及び新生銀行を擁する新生フィナンシャル株式会社の社長とはどんな人物なのか調べた内容を記述しています。杉江氏は、平成24年に、同社の執行役員総合企画室長兼リスクマネジメト部門長代行を経て代表取締役社長に就任しました。彼の経歴を追ってみると、もともと金融業界に根を下ろしキャリアを積んでいます。

平成6年に、現在の株式会社みずほフィナンシャルグループである株式会社富士銀行へ入行し、途中、大手コンサルティング会社のアクセンチュア株式会社へ入社し、金融業の経営戦略に関与し、最終的には、平成18年に現在の新生フィナンシャルグループである「GEコンシューマー・ファイナンス株式会社」へ入社しました。

杉江氏が初めて銀行へ身を置いた当時は、デリバティブ=金融派生商品の開発力を問われていた時期で、東京大学の教養学部で数字に関する研究をしていた彼の素養を見込まれて採用されたといいます。また、金融業界で商品を開発していくなかで必要な「ファイナンシャルエンジニアリング」という分野での勉強にも力を入れていました。

当時、銀行からの留学先で、銀行に与えられた仕事をこなすことを前提で考えていたなか、「自分はどんなビジネスマンになりたいかを強く意識している同級生が多かった」ことに衝撃を受けて、主体的に仕事をしたいという思いが強くなり、のちにコンサルティング会社のアクセンチュアへと転職することになりました。経営の経験もない30代のビジネスマンが、企業の社長を相手に机上の理論を展開するので、当然、クライアントである企業の経営者との間で軋轢を生んだことも多々あったそうです。

杉江氏が立てた新生フィナンシャルの業績回復プラン

杉江氏が代表取締役社長となった頃には、レイクを含めた金融事業は業績下降の道を辿る一方でした。彼はどのようにして業績を回復させていったのでしょうか。杉江氏は、新生フィナンシャル株式会社の基本方針についてこう語っています。「お客様が困らない程度のお金により生活を支えよう」「入りやすく信頼される金融機関」これはスローガンのようなもので、改善プランは別にありました。

杉江氏が掲げた方針

レイク事業だけでは生き残れないとい言われていたなかで、杉江氏は社長就任後に3つの柱を打ち立てました。1、海外事業、2、保証事業、3、システム外販事業、レイクという収益源以外にも、これらのクリエイティヴな方針を打ち立てて社員からも信頼を得ており、人事異動もスピーディに実行しました。その後「混乱はあったがとてもよい刺激になった」と当時の社員はコメントしています。

有人店舗の閉鎖とコールセンターへの集約

現在の新生フィナンシャルのコールセンターは、とても複雑なバックグラウンドで運営されているそうです。基本的には困っているのであれば貸したい、そのために返済が可能となる様にしっかりと話を聞くことを教育している、との事で、コールセンターのレベルアップが要であると考えたそうです。分担制で業務内容が一人ひとり偏りがちだった当時のコールセンター業務を大きく改善したのは、「オペレーター一人で全ての対応が可能となるように」という方針です。

これは先述の人事異動により抜擢された当時のリーダーが打ち出したそうです。杉江社長についていこうと残った従業員は自ら考えて行動する社員へと成長していることが伺えます。それでも、レイク及び新生フィナンシャル株式会社を取り巻く当時の状況というのは厳しく、企業でいうところの売上にあたる貸付残高が、およそ5分の1まで落ち込んでいました。杉江氏にとって一番辛い決断だったのがリストラです。

膨大に膨れ上がった店舗数の削減に伴いリストラは避けて通れなかったといいます。そして当時500件あった店舗から残った社員をコールセンター1カ所へと集約しました。とにかく、個人のキャッシングというデリケートな側面を持つサービスでは、コールセンターの質が最重要であると考えた杉江氏の方針にも納得できます。彼は「オペレーターの顔が見えない方が安心できると考えている」や「100%無人店舗での運営なのでコールセンターの質に力を入れている」「お客様がお金を借りることへの負い目を感じることないよう、丁寧に聞く姿勢を心がけることを教育の最優先事項としている」など、コールセンターへの強いこだわりが感じられます。お客様の声を直接聞くために時間さえあれば杉江氏自らコールセンターで自ら対応するそうです。

杉江氏の人物像

杉江氏は「優れたリーダーは例外なく『ラーニング・アニマル』である」とメディアで語っています。これは、学習するサルなどというネガティヴな意味ではなく、勉強、自己投資に対して動物のように貪欲であるさまを指しています。コンサルティングファームで働いてきたなかで直接責任を負わず安全な場所から企業への戦略について提言することに限界を感じていた彼は、のちに自らの責任で事業を運営したい考えるようになります。

その思いが結果として新生フィナンシャルのトップ就任へと導いたといえます。実際、杉江氏が新生フィナンシャル株式会社で企画担当の従業員だった頃、当時は改正貸金業法の要であった「総量規制」や、それ以前から業界に打撃を与えていた「過払い金」の問題に直面しており、新生フィナンシャルも例外なく減収減益が6年続いたと言います。そこで打開策として彼が当時の社長へ提言したのが、先述したリストラです。

しかし、なかなか受け入れてもらえず、最終的には「自らの責任で実行するように」と言われ、杉江氏は代表取締役へと就任しました。全従業員とその家族を激変させる判断したことについて、当時を「本当に苦しい決断だった」とのちに述べており、その後は、レイク事業を中心として国内事業の立て直し、業績のV字回復を果たします。

「ラーニング・アニマル」を体現するリーダーとしてのロールモデル

杉江氏は、レイクの前身であるGEコンシューマー・ファイナンスの社員だった当時、来日したジェフ・イメルト会長に「どうしたらあなたの様なリーダーになれるのか」と質問したところ、「毎晩ベッドで、自分は本当に世界的な企業のトップとしてふさわしいリーダーかどうかを自問自答することだ」「そして朝起きれば、自分こそが世界的企業のリーダーにふさわしいと鏡の前で言い聞かせる」という回答に衝撃を受けたそうです。イメルト会長の謙虚さを見習うべく、杉江氏自身も常に成長にこだわり続けています。常に「まだ不十分」と貪欲に事業に取り組む姿勢が、現在の新生フィナンシャルを支えていると言えます。

金融工学とは

杉江氏の経歴をみると「金融工学修士」という経歴が目を引きます。経歴を追うと、金融業界に身を置くことになってから取得したものと思われます。金融工学とは、例えば、どこにどれだけ投資することが最も効率的か、を算出したり、金融商品(デリバティブを含む)価格付けなどを行うための学問といわれています。前者は、学問として研究の余地がまだまだある分野だとされており、大学で学んだのはこちらだと推測されます。後者である「価格付け」については、有名な価格付けモデルとして「ブラック-ショールズ方程式」があります。

減給のせいで住宅ローンが返済できない状態です

夢のマイホームを購入してはや2年が経ちます。これまで返済は滞りなく行ってきましたが、ついにやばい状態になりました。収入が落ち込んでしまい、住宅ローンを返済するためにサラ金でお金を借りてしまっています。

性別:男性
職業:会社員
年齢:35歳
借入額:合計150万円
借入先:プロミス、モビット

返済ができなくなると

マイホームをローンで購入し、毎月返済をしています。これまでは会社の業績も伸びる一方だったので給料もどんどん上がって行きましたが、現在は苦しい業績になっています。そして私の給料も減らされることになりました。
もしも毎月のローン返済ができなくなってしまった場合には、担保である私が購入した家が競売にかけられてしまうことになります。住む場所が無くなってしまいます。その恐怖と不安ばかりが募りました。

サラ金を使ってローン返済

一家が路頭に迷うことになりますので、ローンの返済だけは絶対の条件でした。追い詰められた私はサラ金を使ってローンを返済することにしました。最初はモビットから融資を受け、これが限度額いっぱいになったら次はプロミスを利用しました。まさに借金を借金で返済する、泥沼化が始まっています。

近付く限度額

新たに利用をすることになったプロミスからの借金も徐々に増えていき、もうすぐ限度額いっぱいまで利用することになってしまいます。これだけ借金まみれの自分に、新たに融資してくれる金融機関はおそらくありません。これからどうしたら良いのか、さっぱり分かりません。仕事だけはかろうじて真面目に行ってはいますが、もしも会社が倒産してしまったら、そこまではいかなくても、より業績が悪くなって再び給料がカットされてしまったらと考えると夜も眠れません。

妻や子供にはお金の心配をしてほしくはないので、このことは黙っているのですが、それがまた精神的な負担になっている気がします。よく考えると、借金を借金で返済する生活は何の解決にもなっていません。どうすればこの状況を打破できるのでしょうか。誰でも良いので誰か私に救いの手を差し伸べてください…。どうしても今の生活は変えたくはありませんが、やはり自己破産をするのが一番楽な方法なのでしょうか。

ある個人の経験ばなし 事業者ローンでラーメン屋を立て直すの巻

ラーメン屋を経営しているのですが、情けないことに近年経営が厳しくなっています。近所に人気ラーメン屋の支店ができたことで、お客さんを食われてしまいました。このまま経営を続けることが難しくなったため、オリックスでビジネスローンをお願いしたのです。

【体験者の情報】
性別:男性
職業:飲食店
年齢:38歳
借入額:80万円
借入先(業者):オリックス

 

ラーメン好きが高じてラーメン屋を開業

人間は成長するに連れて味覚が変化するものですが、私の場合は20歳を過ぎたころから急にラーメン好きになりました。ラーメンは日本人の国民食なので何度も食べたことはありましたが、これまでそれほど好きではありませんでした。それ以来テレビのラーメン特集やラーメン情報雑誌などもチェックするようになり、完全にラーメンマニアとなりました。私はその当時大学生で、コンビニでアルバイトをしていたのですが、ラーメン屋でアルバイトをするようになったのです。ラーメン屋の食べ歩きなどもやっていました。これまで金融系の就職を考えていたのですが、ラーメン屋に就職をしたのです。

 

近所に人気ラーメン屋が出店する

ラーメン屋で働いていましたが、やはりいずれは自分の店を持ちたいと考えていました。5年ほど修行をしてラーメン作りのノウハウを身につけると、ついに独立をしたのです。店を出したエリアはオフィス街であるにも関わらず、ラーメン屋が少ないためすぐにお客さんが入ってくれました。大行列になるほどの人気店ではありませんが、それなりに流行っているお店になったのです。しかし、そのロケーションに目をつけたのが、近所に人気ラーメン店の支店ができたのです。そのお店はオープンから行列となったのですが、すぐに落ち着くだろうと考えていました。しかし、行列が途絶えることはありません。

 

事業が苦しくなってビジネスローン

近所にラーメン屋ができてから、私のお店は目に見えて客足が減っています。このような状態が続くと生活まで圧迫されてしまうのです。そして、貯金を崩して生活するようになり、ついにオリックスの事業者ローンをすることにしました。ラーメン好きとしてこのまま終わるわけには行きません。そこで新メニューの開発を進めました。営業が終わってからの作業なので非常にハードでしたが、これによって巻き返しをしたいと思っています。